松本てまり

コロコロかわいい松本の手毬をイメージしたかわいいお菓子が登場です。

「松本てまり」は、松本城の歴代の城主が好んで作らせたとされ、その製法は1750年頃の江戸中期から伝えられてきたそうです。

そんな手毬を見事にお菓子にしてくれたのは、安曇野市にある「パティスリーシュテルン」という洋菓子屋さん。

外側はモナカ、中はチョコレートでコーティングしたカシューナッツが入ってます!

お土産に大人気の商品ですよ!

写真の右端にチラリと映り込んでいるのは、手毬シリーズの先輩商品「味噌モナランタン」

こちらも併せておすすめです♪

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]