雷鳥の里

昨日の夜なんとなくテレビを付けていたら雷鳥の特集番組が放送されていました。

雷鳥は国指定の特別天然記念物で、長野県の県鳥で、高山で暮らす鳥です。

丸々とした体がなんともかわいらしいんですよね。

松川村からほど近い、北アルプスでも生息していて登山中に運がよければ出会えるとっても貴重な鳥です。

そんな雷鳥の住処が、里山の人間の生活スタイルが変わっていているせいで脅かされているそうです。

普通なら高山にいないはずの鹿、キツネ、テンなどが、エサを求め山に上がってしまうそうです。

そして雷鳥が狙われてしまうとか。

松川村の北にある大町市では雷鳥の人口飼育に歴史があり、その知識がいまとても貴重で、生かされているそうです。

数が減りつつある雷鳥を保護する方々が、根気強く活動してくれているんですね。

そんな大町市で、保護して飼育している雷鳥が一羽逃げ出してしまい、現在でも探しています。

どうか見つかってほしいですね。

さてさて、そんな雷鳥の里、大町市での銘菓です。

その名も【雷鳥の里】

s_DSCF9041[1]

大町市のお菓子といえばコレですね。

試食も出ているので是非お試しを。

サイズも大・中・小とあるので、チョイスしやすいですよ。