凍餅の見学へ行ってきました

昨日は、寄って停に凍餅を出してくれる東印平林農園さんへ、見学に行かせてもらいました。

雪の降る中、おかあさんにいろいろと教えてもらいました。

凍り餅はご存知ですか?

寒い地方でしか作ることのできない郷土食です。

ついたお餅を水にしっかりと浸して、日陰に吊るし、寒い中で、冷たい空気と風でしっかりと乾燥させます。

そのまま食べることもできますが、お湯で戻すのが一般的です。

小さい頃から、砂糖やはちみつを加えて甘くしてよく食べました。

凍り餅は、お湯で戻すと、つきたてのお餅のように柔らかくなるのですが、冷めても固くならないんですよ。

不思議ですよね。

最近では、色々な食べ方が紹介されていて、ピザに砕いて乗せたり、アイデア次第で様々な食べ方で楽しむことができます。

s_DSCF9085[1]

ここにある氷餅は1月の上旬くらいから吊るしているそうです。

今は一か月くらいたったところだけど、今年は色も白くてキレイで良さそうとのことでしたよ。

吊るしてすぐにグッと冷え込むと良いものができるそうです。

昔は家庭でも凍り餅を作り、軒下に下がっている風景が見えたけど、今はとても貴重です。

なんともかわいらしい風情ですね。

家の周りをぐるっと囲むようにたくさん吊るされていました。

s_DSCF9082[1]

南側の日が当たる場所だけは吊るせないそうです。

日に当たると黄色くなってしまうとか。

まだまだあと一か月はこのまま吊るすそうです。

店頭に並ぶのも3月下旬くらいになりそうです。

入荷されたらまたご紹介しますね。

どうぞお楽しみに♪

干し柿入荷中!

干し柿販売中です。

s_DSCF8672[1]

干し柿用の渋柿もまだ少し販売してますが、もう完成したんですね♪

ちなみに我が家の干し柿はまだオレンジ色でちょっとかじってみたらまだ渋かったです(; ;)

こちらの干し柿はきれいな茶色でとっても美味しそう!

売店で大人気のおはぎがあるのですが、そちらを作っているお母さんが作ってくれてる渋柿です。

栄養満点の干し柿どうぞご賞味ください。