山菜入荷中!

毎日たくさんの山菜が入荷中です。

こごみ、こしあぶら、タラの芽、わらび。

私も先日は天ぷらを作り、ワラビも昨晩からあく抜きして食べる準備をしています。

食卓は緑の物ばかりです。

季節の物は嬉しいですよね。

今しか食べれない春の山菜。

どうぞお楽しみくださいね。

 

サニーレタス入荷始まりました!

ファンが多いサニーレタスが今年も入荷が始まりました!

どれもきれいなグリーンでとっても美味しそう♪

これからの時期は生の野菜もどんどん食べれちゃいますよね。

我が家でも一玉あってもあっという間に消費してしまいます。

これからの季節は直売に並ぶことも多そうです。

どうぞ農家さん手作りの味を食卓へ。

モモタリンの花が満開です!

昨日、農家さんのモモタリンの畑の花が満開だと教えてもらって、早速写真を撮らせていただきました。

 一面ピンクの小さい花が満開でとってもきれいでした!

ここからも有明山がきれいに見えましたよ♪

低い木に、桜のようなかわいい花がいっぱいについていました。

目線の高さに花があり、歩くだけでもワクワクする光景です。

モモタリンとは、桃とネクタリンのミックスの品種です。

夏になると直売所に並ぶ人気の果物ですよ。

甘酸っぱくて、夏の暑い日にはピッタリ!

春に花をつけて、夏に実になるんですね。

花を見ていると、夏のあの味を思い出します。

貴重なモモタリンの満開の花。

みなさんにもお届けできてうれしいです♪

ふきのとう入荷中

いよいよ直売所の営業が始まりました。

まだ寒い日もあったりするけど、やっぱり直売所が動いているとワクワクします♪

そんな直売所では春のものがチラチラ並び始めています。

今日は春といえば!のふきのとうをご紹介。

私も先日天ぷらにして食べましたが、コレコレ♪という嬉しい風味。

これからますます賑やかくなる直売所。

随時ご紹介していきますね。

凍り餅入荷しました!

雪の降る中、見学させていただいた凍り餅が、ついに店頭に並びました!

寒空の中干されていた凍り餅。
商品として並んだ姿を見ると、なんだかとても嬉しいです♪

食べ方は驚くほど様々ですよ。

オーソドックスなのは、凍り餅を割って、水に浸します。
水を含んだらレンジにかけて砂糖を混ぜて食べる方法でしょうか。

先日初めて聞いたのが、鍋に牛乳を入れて凍り餅を入れ、牛乳が凍り餅に含んだらそのまま火にかけてトロトロにするそうです。
お好みで砂糖を加えても良いそうです。

子供も大好きな味になるそうですよ!

ぜひ試してみたい!!

他には、パラパラと砕いてフライパンで炒るとお餅になる、とか。
餃子の皮に砕いた凍り餅をパラパラとしたら、トマトソース、お好みの具材、チーズを乗せて焼くと餅ピザになる、とか。

保存食として昔からあるこの地の物ですが、ぜひ色々と試してみてください。
なくなり次第終了です。

おすすめの食べ方があればぜひ教えてください。

烏骨鶏のたまご入荷しました!

「烏骨鶏」この字、読めますか??

聞き馴染みのある名前、ウコッケイです。

高級なイメージがあるウコッケイ、なんと入荷しました。

普段お野菜を出してくださる農家さんのお家で飼育されているそうで、たまごを出してくださいました。

一時期害獣の被害にあってしまい、数年前ぶりの復活だそうです。

ウコッケイは、小さくてフワフワの羽毛に覆われた鶏で、たまごも小ぶり。

普通の鶏よりたくさん生まれなくて小ぶりな分、濃厚で美味しさが詰まっているそうです。

毎日は入荷にならないかもしれません。

貴重なウコッケイのたまご、ぜひご賞味ください。

凍餅の見学へ行ってきました

昨日は、寄って停に凍餅を出してくれる東印平林農園さんへ、見学に行かせてもらいました。

雪の降る中、おかあさんにいろいろと教えてもらいました。

凍り餅はご存知ですか?

寒い地方でしか作ることのできない郷土食です。

ついたお餅を水にしっかりと浸して、日陰に吊るし、寒い中で、冷たい空気と風でしっかりと乾燥させます。

そのまま食べることもできますが、お湯で戻すのが一般的です。

小さい頃から、砂糖やはちみつを加えて甘くしてよく食べました。

凍り餅は、お湯で戻すと、つきたてのお餅のように柔らかくなるのですが、冷めても固くならないんですよ。

不思議ですよね。

最近では、色々な食べ方が紹介されていて、ピザに砕いて乗せたり、アイデア次第で様々な食べ方で楽しむことができます。

s_DSCF9085[1]

ここにある氷餅は1月の上旬くらいから吊るしているそうです。

今は一か月くらいたったところだけど、今年は色も白くてキレイで良さそうとのことでしたよ。

吊るしてすぐにグッと冷え込むと良いものができるそうです。

昔は家庭でも凍り餅を作り、軒下に下がっている風景が見えたけど、今はとても貴重です。

なんともかわいらしい風情ですね。

家の周りをぐるっと囲むようにたくさん吊るされていました。

s_DSCF9082[1]

南側の日が当たる場所だけは吊るせないそうです。

日に当たると黄色くなってしまうとか。

まだまだあと一か月はこのまま吊るすそうです。

店頭に並ぶのも3月下旬くらいになりそうです。

入荷されたらまたご紹介しますね。

どうぞお楽しみに♪

雪中キャベツ入荷!!

ここ、松川村より1時間ほど北上すると小谷村という場所があります。

冬季オリンピックが行われた白馬村より一つ北の村です。

山が多く、とっても雪深い地域で大切に育てられ収穫された雪中キャベツが入荷されました。

s_DSCF9004[1]

雪国ならではの特産品です。

根を付けたまま、深い雪の下で熟成されます。

雪の中は外気温にかかわらず、常に0度近くで保たれています。

そんな雪の中で、寒さに負けないようにキャベツ自身が強くなろうと頑張る事で、柔らかく苦味がない甘いキャベツが出来上がるのだそうです。

収穫も、寒い中雪を掘り起こして大変な苦労があります。

前回入荷した時に早速食べてみました。

生でもバリバリと食べれて本当に甘味が強くて美味しかったです。

スタッフのオススメは味噌をつけて、という人や千切りにして、など様々でしたが、やっぱり生で食べるのがよさそうです。

ココで紹介しようと思っていたらあっという間に売り切れてしまいました。

今回は2度目の入荷です。

まだ2月辺りまでは入荷できそうですが、なかなか市場に出回らない幻の雪中キャベツです。

ラッキーな出会いがあればぜひお試しください。

サトイモの食べ方

昨日は、寒い中サトイモを持ってきてくれてる生産者さんとお話ができたので、ちょっとご紹介を。

s_DSCF8955[1]

「サトイモは鉄分が豊富だから女の人にはうんとおススメだぞー」とおっしゃっていました。

野菜の中でも鉄分量が抜群に高いそうですよ。

煮物はもちろん、おでんに入れるのが美味しいと教えてくれました。

おでんに入れたことがなかったので是非試してみたいですねー!

最近は時短や、手間ラクで、サトイモの簡単な皮の剥き方の紹介も数多くありますね。

私は、固い付け根の部分だけ包丁で切って、レンジで温めてブドウの様に実を出すのが簡単かなぁと思います。

小さい実のがうまいんだーとも話してくれましたよ。

寒い時期には根菜を食べると体が温まりますよね。

ぜひお試しくださいね。

直売所の営業は。。。

年が明けて、直売所の営業は終了してしまいました。

が!!

寒い中でも取れたての野菜が少しですが入荷継続中です。

s_DSCF8932[1]

外での販売は暖かくなるまではお休みですが、商品は店内に引越しして売店内で販売中です!

ほうれん草は緑でピンピンしていて新鮮そのもの!

シイタケはますます肉厚になってどれもとても美味しそうですよ♪

りんごもや芋もありますのでぜひお出かけくださいね。