寄って停から見える今日の有明山

今日も蒸し暑い松川村です。

昨日の夜中に、強い雨が降りなかなか寝付けませんでした。

湿度が高いせいか、有明山も毎日雲がかかっていてなかなか山頂まで見ることができません。

今日はお客様で白馬に泊まった帰りだよ、と教えてくれた方がいらっしゃいました。

雪渓がきれいで良かったわよ!けど今日は見れなかったわ。

とおっしゃっていました。

せっかく安曇野に来ていただいたらぜひ北アルプスを見ていただきたいものです。

すこしでも景色を楽しんでもらえたなら、良かったなぁと嬉しく思います。

さて、今日は直売所の常連さんをご紹介しますね。

常連さんというよりは、常駐なのですが(笑)

ツバメの家族です。

頭上注意で、皆様にはご迷惑をおかけすることもあるかと思うのですが、せっかく毎年巣を作って通ってくれるツバメなので、寄って停でもあたたかく見守っています。

今日は、ちょっと観察をしていたスタッフが、その習性を教えてくれました。

まだ小さな赤ちゃんツバメに、お父さんとお母さんがエサを交代で運んでくるそうです。

お母さんがエサを探しに行っている間は、お父さんが子供たちに寄り添い。

お父さんが行っている間は、お母さんが寄り添い。

ちゃーんと順番に行ったり来たりして、片方は巣の淵で子供を守っているそうです。

一回、ズルをしてえさを持たずに帰ってきたよ、というほのぼのエピソードに笑ってしまいました。

春は新しい命がたくさん生まれる時期ですが、寄って停でもそんな光景が見られました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)